腰痛について

腰痛はなぜ起こる?

腰痛に悩まされている人は多いもので、痛みを騙し騙し生活している人も少なくありません。
一生、腰の痛みに悩まされ続けるのかと諦めている人もいるかも知れませんが、そのような人は原因をはっきりさせるところから始めるようにしましょう。
それがわかれば対策もでき、痛みが緩和することもできるので、まずは原因究明が何より最初にすべきこととなります。
簡単に特定できるものとしては、腰に直接障害が発生しているケースです。筋肉が炎症を起こしている、骨折が生じているといったものがあります。

次に直接腰に障害が発生をしているわけではなくても、臓器の周辺に以上がありその影響によって腰に痛みを感じるというものもあり、この場合には重大な病気が関わってくることがあるので、たかが腰痛だと思って放置してはいけません。

これらのものは痛みが発生している理由がはっきりしている分だけ手を打ちやすく、問題点を直すことができれば腰の痛みも消えることがあるのである意味解決をしやすいと言えるでしょう。

腰痛の原因はなぜわからないのか?

厄介なのが原因を特定することができないものであり、診断を受けても異常はないと診断されるも本人は痛みを感じているというものです。
実はこれは本当に痛みの理由がわからないのではなく、おおよそ見当はついていてもそれを確認できないというものがあります。実際には腰の筋肉を傷めていたり炎症を起こしていても、画像では異常がみられないというものです。体の中を切り開いて確認をするわけにも行かないだけに、画像検査では異常はみられないが何かしらの障害が発生しているというものは特定しづらいものとなってしまいます。

姿勢が悪かったり運動不足や肥満といったものも腰痛を引き起こすことがあり、腰に長時間負担がかかり続けていれば痛みがでてくることも少なくありません。
これもはっきりと異常があるわけではありませんが、蓄積疲労によって腰が傷んでしまって痛みが発生していると予想ができます。
心理的な影響によっても痛みを感じることがあり、強いストレスを抱えている時には腰痛を感じやすくなります。

腰痛にならないためには?

このように腰の痛みには原因がはっきりしたものとそうでないものがありますが、どのような理由にしても痛みの元となる何かがありますから、まずはそれを特定するところから始めることが大切です。
原因がはっきりしないと余計に不安になってしまいますから、何が悪いのかはっきりさせてそこから対策をするようにしましょう。

Before & After

各種保険も適応できます!

お問い合わせ

Lineでらくらくご予約 Lineでらくらくご予約