変形性股関節症について

変形性股関節症の概要

骨盤の外側にある臼蓋と呼ばれる部分と大腿骨の先端にある大腿骨頭が連結し股関節と呼ばれます。足を上げたり、開いたりする動作には股関節の動きが必ず必要となりでとても重要な役割を担っています。

年齢による骨や軟骨の変性、体重の関係で関節部分に負担がかかり結果的に変形するともいわれています。中高年の女性80%が抱える、股関節の付け根の痛みの原因が『変形性股関節症』です。

その他にも冒頭でお話をした臼蓋の形成不全で身体が成長するに伴い痛みが発生することも多くあり受け皿となる臼蓋と骨頭部分の大きさが異なり、身体を支えることが難しく若いころは問題なかったものの年齢を重ねるについて少しずつ痛みとなって表れてきます。

 

変形性股関節症の症状

多くは股関節の付け根の部分に痛みが現れ、起き上がりや立ち上がりがやりずらく、運動障害も起きると言われ、安静にしていても痛みが出てくると骨の変形が進行している状態と言われます。夜間痛や関節が鳴る時に痛みが伴ってくることも考えられ日常生活のできる範囲が狭くなってしまいます

身体の土台となる骨盤が関係することで、身体のバランスが崩れて他の部分にも影響を及ぼす可能性も考えれます

変形性股関節症の治療法

当院では身体の状態を確認させていただき、現状がどのくらい身体が動くのか、痛みの強さがどのくらいかを確認していきます。確認した上で身体全体を整える骨盤矯正を行い、筋肉の疲労を和らげて負担を少なくしていきます。

その上で痛みを軽減させるハイボルト治療を行い、炎症を抑えていきます。本来であれば身体を動かすことも必要ですが痛みがある中では難しいです、そんな患者様には寝ているだけで筋力トレーニングJOYトレを行い、少しでも身体の負担が少ない状態で最善の治療を行っていきます。

 

変形性股関節症については当院にお任せ下さい

変形性股関節症について説明致しましたが、原因はこれだけではない可能性もあります。症状が悪化する前に、まずは当院へお越しください。お客様一人ひとりに合った施術方法で、必ず皆様のお悩みを解決へ導きます。 変形性股関節症にお悩みの方は是非、まはろ接骨院 あま甚目寺院 へお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

各種保険も適応できます!

お問い合わせ

Lineでらくらくご予約 Lineでらくらくご予約