むちうち(外傷性頸部症候群)について

むちうち

むちうち(外傷性頸部症候群)の原因とは

交通事故やいきなりの自動車の急停車によって安定性が低い首が鞭(むち)のように前後に大きく揺らされ起こる症状です。

交通事故がどのように発生したか(後ろからの追突や自ら前方の車に突っ込んでしまう)など様々なケースが考えられます。

むちうちを別名で例えると『頸椎捻挫』 『頸椎挫傷』 『外傷頚部症候群』などとも言われます。

むちうち(外傷性頸部症候群)の症状

むちうち

むちうち(外傷性頸部症候群)は、交通事故直後から現れることもあれば、時間が少し経過してから症状が現れることもあります。また、首や肩周りの鈍い痛みやそれ以外にも吐き気・頭痛・手のしびれなど他の場所にも症状が出る時もあります。

これは自律神経のバランスが崩れることによって首の痛みも敏感になり様々な症状が繰り返され悪循環に入ってしまいます。

首の損傷のなかでは脱臼や骨折に比べると比較的軽いと言われてはいます。しかし、だからと言って何もしないと後遺症として残る可能性もあるため油断は禁物です!

むちうち(外傷性頸部症候群)の治療法

むちうち
  • ・頸椎カラーで首を固定し、首の負担を軽くする
  • ・消炎鎮痛剤の投与や湿布

が基本的にありますが、これだけでは痛みが取りきれなかったり、残ってしまいます。

まはろ接骨院での治療

まはろ接骨院では、ハイボルトという高周波で首・肩の炎症・痛みの閾値を抑えます。痛みの改善と同時に首だけでなくお身体全体の施術をしてより症状が残らないようにしていきます。

交通事故の症状は早い段階で痛みを減らすことで後遺症になるリスクを減らし事故に遭う前の状態にすることで日常生活に支障が出ない状態を送ることが可能となります。

むちうち(外傷性頸部症候群)でお困りの方は当院へご相談ください。

むちうち

まはろ接骨院では、後遺症として症状が残らないようにしっかりとお身体の状態を確認させていただきます。

また保険のことなども、しっかりとした知識があるためお気軽にご相談下さい!

各種保険も適応できます!

お問い合わせ

Lineでらくらくご予約 Lineでらくらくご予約