野球肘(内側上顆炎)について

野球肘(内側上顆炎)とは

野球肘

野球をしている学生さんに多く、ボールを投げる同じ動作を何回も繰り返すことで発生するスポーツ障害の一つになります。

投球動作時に肩や肘など同じ部分に負担がかかり続けることで痛みが発生し、負担以外にも成長期の学生さんに多いことから骨が完全に完成しておらず、成長軟骨という弱い部分に症状が集まります。

野球肘(内側上顆炎)は2つの種類にわかれます

外則型:投球動作時に肘関節を中心に上にある上腕骨と、下にある橈骨がぶつかり骨を傷つけてしまい痛みが発生。

内側型:投球動作時により肘の関節に牽引力が加わり付着している靭帯や軟骨に傷がつき痛みが発生。

野球肘(内側上顆炎)の症状について

野球肘

野球肘(内側上顆炎)は大きく分けて、3つの状態に分類され、痛みの出る部分が重要になります。

透亮期

肘に痛みが現れていて、投球動作をせずに休めることで症状が軽減します。

分離期

痛みが出続けている、この時期に来院されるケースが一番多くあります。

遊離期

痛い状態で野球を続け、骨が分離してしまっている状態です。そのため手術が必要となる状態です(離断性骨軟骨炎)。

野球肘(内側上顆炎)の治療法

野球肘

徒手検査を行い、状態を確認してからエコーで実際の骨の状態を確認していきます。異常所見が見られれば、近隣整形外科にご紹介させていただき一度レントゲン検査をお願いしています。

レントゲンと離断性骨軟骨炎を診断された場合は絶対安静となります。痛みの部分に対してはハイボルト治療を行い、痛みを軽減させていきます。

野球肘(内側上顆炎)でお困りの方は一度当院へご相談ください。

テニス肘

肘は日常生活において大事な部位です。そのため適切な処置を施さないと手遅れになるケースが非常に多くあります。症状に心当たりがあったり、肘に何らかの違和感、痛みを感じた際は、当院へご相談ください。

各種保険も適応できます!

お問い合わせ

Lineでらくらくご予約 Lineでらくらくご予約