スポーツ傷害について

スポーツ治療とは?

スポーツをしていると、体全体を動かしたり、部分的に頻繁に動かすことがあります。日常の動作では使わない動きをするため、負担をかけやすい部分があると、怪我をしやすくなります。 また、一度怪我をしてしまうと、スポーツを辞めない限り、再び同じ部分を痛めやすい傾向があります。そして完治をしていないのに、また運動を初めてしまうと、痛みが長く続くようになって結果的にスポーツそのものを辞めなければならない状態になってしまいます。

それでも職業としてスポーツを行っている場合などは、多少の怪我ではやめることができません。そんな時は、ただ痛みを感じる部分を改善するために治療を受けるのではなく、スポーツ治療というものを受けることをおすすめします。

スポーツ治療が一般的なものと異なるのは、一般的な治療は症状の緩和を目的とするため、痛みがあるときは全ての作業を停止することが求められます。
しかしスポーツ治療は、運動を続けながら症状を緩和や改善するようにすることができますし、怪我をしにく体を作るという目的を持って行います。

スポーツ治療の原因

スポーツにより怪我をした場合は、実は痛みが発している部分だけではなく、その他のことが原因で生じていることが少なくありません。
肘や膝を痛めたときは、そこだけでなく体の他の部分にも負荷がかかっていることもありますから、部分的な治療だけでは回復が遅くなってしまいます。

そこで重要になるのが、スポーツ治療を受けることで体全体の仕組みを考えて、負荷がかかっている原因を突き止め根本的に改善する方法を提案することが必要になります。
そのためにはできるだけ早く治療を行う必要があるので、些細な痛みであっても医療機関や接骨院などに受診することが求められます。

スポーツ治療の治療方法

初期症状であればあるほど改善しやすく、これから起こりうる痛みを予想しやすくなります。 改善方法を模索して治療方法を計画立てることができれば、それを実行することで痛みの改善から予防までを行うことができます。

またスポーツを定期的に行っている人は、自覚症状がない場合でも負荷がかかりやすい膝や肘などの関節、そして筋肉をいためている可能性があります。
それらは痛みが出る前に接骨院でマッサージを受ければ、発症を遅らせることが可能です。
筋肉と骨の仕組みを把握している専門家に相談して、柔軟体操やストレッチをスポーツする前に行うだけで、怪我を防ぐことができ、体の根本を強くすることができます。

各種保険も適応できます!

お問い合わせ

Lineでらくらくご予約 Lineでらくらくご予約